写真はどうする? 子どものパスポート申請

画像

子どもを連れて海外旅行を決めたらまず行いたいのは子どものパスポート申請です。子ども用といえど、申請方法や受け取りにかかる手間は大人と変わりません。間違っても書類不足で家とパスポートセンターを子どもを連れて2往復……なんてことにならないよう、改めて申請に必要なもの、受け取りに必要なものをまとめました。

最後に赤ちゃんでも簡単にパスポート写真を撮る裏技もご紹介します!

海外旅行を考え始めたらすぐに申請が正解!

海外に行く際は0歳でもパスポートが必要です。旅行代理店にお願いする場合は後からでも間に合いますが、個人で手配を行う場合、航空会社によってはチケット購入時に旅券番号が必要な場合もあります。旅行費用を安く抑えるためにはいいチケットに出会ったら即仮押さえが鉄則です。海外旅行を考え始めたら先にパスポートを取得してしまいましょう。

子どものパスポートとはいえ、受け取りの際は子ども本人を連れて行かなくてはいけません。申請は平日のみのところがほとんどなので、育休中に取得した方が楽でしょう。

申請に必要なものは4つ

パスポートには5年有効と10年有効の2種類がありますが、20歳未満は5年有効のパスポートしか申請できません。申請から受け取りまで早くても1週間程度は時間がかかるので急ぎの場合はその旨を伝えるといいでしょう。また、申請に関しては代理申請も可能です。子ども(未成年者)のパスポートの場合、親権を持つ親が代わりに窓口に来て申請するなら委任状も必要ありません。

申請に必要なものは以下の4つです。

  1. 一般旅券発給申請書
  2. 戸籍謄本もしくは抄本(6ヶ月以内のもの)
  3. パスポート用写真(45mm×35mm)
  4. 本人確認書類
    ※住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望していない方、住民登録をしていない都道府県で申請を行う場合は住民表の写しも必要です。
1の一般旅券発給申請書は各配布場所、以下からダウンロードできます。
参考 パスポート申請ダウンロード外務省

パスポートに転記される所持人自署欄(サイン)を子どもの代わりに代筆することになります。

2の戸籍謄本もしくは抄本は同一戸籍内の家族が同時に申請を行う場合、一緒に申請する家族の名前が全員分載っていれば1部でOKです。例えば自分のパスポートの更新と娘の新規取得を同時に行うなどが可能です。

3のパスポート用写真は小さな赤ちゃんでも赤ちゃん1人が映った写真が必要です。大人と一緒のものは不可なので注意しましょう。撮り方のコツについてはこの記事の最後にお伝えします。

4の本人確認書類は子ども本人の顔写真入りのマイナンバーカードがあれば、それ1枚で大丈夫なのですが、お子さんが小さいとさすがにありませんよね? カードがない場合は母子手帳と子どもの健康保険被保険者証の2つで申請することになります。どちらが欠けても申請することができないので忘れないようにしましょう。

受け取りには必ず本人を連れて行く

申請時と異なり、受け取りには必ず子ども本人が窓口に行く必要があるので注意しましょう。また、申請から6ヶ月以内に受け取らないとパスポート失効になります。

受け取りに必要なものは以下の2つです。

  1. 申請時に渡されたパスポート(旅券)引換書
  2. 手数料
1は申請時に渡されるものです。紛失した場合は本人確認証を持参して窓口に申し出ましょう。

2はパスポート発行にかかる費用になります。申請時に12歳以上の場合は11,000円、12歳未満の場合は6,000円です。
所定の収入印紙等が必要になりますが、大抵パスポートセンター内に購入場所があるので掲示に従いましょう。

パスポート写真は自宅で安く撮れる!

最後に子どものパスポート写真を撮る裏技をお伝えします。駅などにある証明写真機は子どもがある程度大きくならない使えません。だからといって写真館で撮るほどのものでもありません。

自分で撮ればかかる費用はたった200円! 必要なものはスマートフォンと白いシーツだけです。

手順としては子どもを写真のようにシーツの上でごろんと寝かせ、影が入らないように俯瞰で写真を撮ります。白いシーツがなければ布でも紙でも背景が白く映るものならOKです。

こんな感じ。

写真が撮れたら以下のサイトを開きます。
参考 コンビニ証明写真ピクチャン これはサイト上で証明写真用に写真を加工し、コンビニで出力できるサービスです。アプリではないのでわざわざダウンロードする手間がかからないのもおすすめです!

パスポート写真のサイズは45mm×35mmです。間違えないようにサイズを選択し、指示に従って写真を調整します。

赤い枠内に後頭部も収まるように補助線に合わせて大きさや位置を調整します。この時、顔を補助線より少し大きめに調整するのがコツ。

この写真も思い出になりそう!

決定ボタンを押すとプリント予約番号が表示されるので、近くのコンビニに持って行き、プリンターで出力すれば完成です。

クオリティーは少々低めですが、すぐに顔が変わってしまう子どもの証明写真ならこちらで十分。ぜひ参考にしてくださいね!