何ヶ月から行ける? 赤ちゃんとの海外旅行

画像

「子どもが小さいうちは海外なんて無理だよね?」
そう思って諦めているママやパパはたくさんいるのではないでしょうか。
事前の準備と少しの勇気があれば、小さい子どもと一緒でも海外旅行は可能です!

子連れ海外を考えたときに最初に気になる「赤ちゃんを何ヶ月から連れて行けるの?」という疑問についてお答えします。

腰がすわる4ヶ月を待ってから

飛行機に乗る際、2歳までは大人と同じ席、膝の上に座ることになります。
ベビーバシネットも使用できますが、バシネットは離陸後、ベルト着用のサインが消えてからしか使用することができません。

また、長距離のフライトの飛行機しか備えつけていない場合もあるので、少なくとも4ヶ月前後の腰すわりを待ってからがいいでしょう。

0歳の予防接種終了も目安に

旅先で絶対に避けたいのが病気です。滞在先で思わぬ病気が流行している場合もないとは限りません。心配であれば「0歳の予防接種終了」を目安に旅行を計画するといいでしょう。テンポよく進めると7ヶ月目で0歳児最後の予防接種であるB型肝炎を受けることができます。

一方でB型肝炎の予防接種が必須かというとそうではなく、厚生労働省が短期の海外渡航者に推奨しているワクチンは「麻しん・風しん(MR)」のみです。詳しくは以下のサイトに一覧が載っています。

参考 海外渡航のためのワクチンFORTH

赤ちゃんは生後半年、長くて1年間はママの抗体でこれらの病気から守られています。1歳を過ぎた子どもを連れて行くときは必ずMRワクチンを接種してからにしましょう!

どの予防接種が必要かは、訪れる国や滞在期間、その年の流行などで異なります。出発前に渡航先の情報はしっかり確認しておきましょう。また、もしもの時に備えて海外旅行保険にも入っておきたいですね。

2歳を超えると飛行機代が大人並み!?

0歳より1歳、2歳を連れて行く方が心理的にはラクですが、忘れてはいけないのがチケット代のこと。2歳を超えると飛行機のチケットが急に高くなるので、要注意です。

2歳未満のお子様……大人運賃の10%
2歳以上のお子様……大人運賃の75%

たとえば大人1人のチケット代が10万円だとすると、大人3人で行く場合子どもが2歳未満だと総額21万円、2歳以上だと27.5万円です。差額6.5万円はかなりのインパクト。チケット代はなるべく抑えて、その分ちょっといいホテルに泊まった方が設備や衛生面で安心です。

また、1歳以上になると味の好みが出てきたり、歩きたがったりと自己主張が強くなっていきます。0歳で連れて行く方が実は、ラクなんです!

0歳以下で連れて行く人が4割!

DeNAトラベルが行なった調査によると子連れ海外経験者の4割が0歳以下で連れていったとの回答でした。

参考 子連れ旅行に関するアンケート調査DeNAトラベル

編集部の独自の調査でもこのような回答がありました。

先輩ママ

私も息子が10ヶ月のときにハワイに連れて行きました。置いていくつもりだったけど、急に離れたくなくなって……。急でしたが現地で困ることは一切ありませんでした!
娘が7ヶ月のときにプーケットへ。ホテルでのんびり過ごしました。娘は初めてのプールに大はしゃぎ! いい思い出になりました。

先輩ママ

心配事や不安に目が行きがちな海外旅行ですが、その先には子どもと過ごすかけがえのない時間が待っています。まずは旅先でやりたいこと、行ってみたい場所など楽しいことから考え始めるのはどうでしょうか?