日本で北欧時間を感じよう! メッツァビレッジの楽しみ方

画像

2019年3月16日にオープンするムーミンバレーパークに先駆けて、2018年11月9日にメッツァビレッジがオープンしました。

“湖畔の森で体験する北欧のライフスタイル”がコンセプトのこの施設。
場所は埼玉県飯能市のまさに宮沢湖のそば。
オープン翌日にさっそく子ども達を連れて行ってきたので、その魅力と楽しみ方を最速でレポートします!

駐車場は必ず事前予約を!

メッツァビレッジへは車や電車、都内からはツアーバスなども運行されるようです。
駐車場は現在2ヶ所(2018年11月現在)。
P2の方が施設により近い駐車場になります。

駐車場は事前予約が基本で、当日空きがある場合のみ現金での時間貸しを行うそうです。
当日の予約も行なっているので、メッツァビレッジに車で行く際は必ず事前に駐車場予約を行いましょう。

料金は平日と土日祝、当日予約の場合は時間によっても異なるので注意しましょう。

■前売り
[月-金] 1,500円
[土・日・祝] 2,500円

■当日 (当日WEB予約の空きがある場合のみご予約可能です。)
[月-金] 当日 12:59までに予約 : 1,500円
13:00 – 16:59までに予約 : 1,000円
17:00以降に予約 : 500円
[土・日・祝] 当日 12:59までに予約 : 2,500円
13:00 – 16:59までに予約 : 1,500円
17:00以降に予約 : 500円

引用元:Q&A

東京方面から向かいましたが、行きも帰りも結構渋滞に捕まりました……。
電車でのアクセスの方がラクかもしれません。

また、バイクの専用駐車場がエントランスに一番近い場所にあり、大人だけでフラリと行くならバイクが一番交通の便が良さそうでした。
バイクの駐輪は当日現金払いのようです。

エントランスから完全にフィンランドを再現

執筆者である私は過去に何度もフィンランドに訪れた経験があるフィンランドフリークでもあります。
そんな私がまず驚いたのがエントランス。

背の高い木に囲まれた整備された遊歩道。
フィンランドの街でよく見かける風景です。
フィンランドは自然が多い一方で、道などはきちんと整備されているんですよね。
入場のわくわく感に加えて、なんとなく前にも来たことがあるようなどこか懐かしい気持ちになりました。

メッツァ限定品も! マーケットホールは北欧グッズが盛りだくさん!

遊歩道を抜けてまず目に入るのはマーケットホール。
ここでは食料品からインテリア雑貨、衣料品まで北欧関連の商品を購入することができます。

1階はカフェ、飯能市の野菜なども買える場所も。

移動式テントサウナの展示もありました。
フィンランド人はサウナが大好き。
湖の近くにサマーコテージを持っている場合が多いフィンランド人ですが、コテージのサウナで思いっきり汗をかいた後、近くの湖にドボン!! が夏の定番でもあります。

マーケットホールの見所は2階!
フィンランドを代表するブランドであるマリメッコ、フィンレイソン、ファッツェル……ところ狭しと北欧グッズが置かれていました。

メッツァ限定商品もあるので要チェック。
これはマリメッコで売られていたメッツァ限定のラテマグです。
30セット限定で追加生産の予定はないそう。
購入できた方はラッキーでしたね!

2階へは階段とエレベーターで行くことができます。
通路も広く、ベビーカーでも移動しやすくなっていて、子連れへの配慮を感じました。

ランチは北欧名物オープンサンドイッチがおすすめ!

いくつか飲食店も入っているメッツァですが、平均単価は1500円前後とちょっとお高め。

せっかくなので奮発OKという方は、マーケットホールの隣、ヴァイキングホールの2Fにある「LAGOM(ラーゴム)」がおすすめです!
ここではデンマークの伝統料理であるスモーブロー(オープンサンドイッチ)を楽しむことができます。

メニューは本日のサンドにお肉のサンドorお魚のサンドorカレリアンピーラッカのいずれか、フライドポテト、スープ、ドリンクがついて1800円!

カレリアンピーラッカとは小麦粉とライ麦粉で作った生地におかゆ(!)を具に包んだフィンランドの代表的な家庭料理。
フィンランド人ベーカリーから提供されているそうです!
日本人にとってはちょっとびっくりする組み合わせではありますが、とっても美味しいのでぜひお試しを!
フィンランドではこのパイの上にたっぷりバターを塗って食べたりもします(ハイカロリー!!)。

かなりボリュームがあるセットなので、子どもが小さければ大人と1個をシェアしても十分な量だと感じました。
1歳の娘もスープとポテトをもりもり食べていましたよ!

休日は飲食店はどこも混雑すると思いますが、この「LAGOM」は提供も早く、飲食スペースも一番広いです。
あとは1階の「らーめん AFURI」も提供と回転が早そうでした。

売り切れ必至のフィンランド風シナモンロール

世界で最もコーヒーを飲む国の1つであるフィンランド。
フィンランドにもスターバックスはありますが、日本でのスターバックス並にどこにでもあるコーヒーショップが「ロバーツコーヒー」です。

日本ではここメッツァと福岡にしか店舗がありません!
メッツァビレッジに訪れたら必ず行っておきたいお店の1つです。

さらにここでは焼きたてのフィンランド風シナモンロールを購入することができます。
フィンランドの日本でよく売られているシナモンロールと異なり、スパイス(カルダモン)のきかせ方が特徴的!
私も大好物なのでぜひ食べたいと思っていたのですが、残念ながら品切れ……。
1日に何回か焼きあげるそうなので、食べたい方は焼き上がり時間をチェックを忘れずに!

アクティビティは少なめ

メッツァビレッジはあくまで北欧のライフスタイルを楽しむ施設のため、アクティビティは少なめ。
唯一のアクティビティはボートになります。
レンタルボートで湖から景色を楽しめるのは大変魅力的で、ライフジャケットのレンタルなど安全面の問題もなさそうでしたが、さすがに0、1、2歳と一緒に乗るのはちょっと厳しいかな、という印象でした。

その代わり、毎日のようにいろんなワークショップが開催されているようなので、こちらの参加を検討してみてはいかがでしょう。

「ポルヴォーアートスクール」に参加した息子。
切ったり貼ったり書いたりして自由に森を描いて楽しみました。

季節限定のイベントも魅力!

ワークショップと同様に、イベントも充実しているようです。
私が行った時期はちょうど湖畔と森 〜北欧クリスマスマーケット〜が開催されていました。

可愛いクリスマスグッズに物欲が止まりません!
サンタクロースの国としても有名なフィンランド。
オープン初日はクリスマスに先駆けて、サンタクロースもやってきたそうですよ(笑)。

2018年12月から来年3月まであの「チームラボ」とのアートイベントを開催するらしく、この美しい湖がどのように趣を変えるのか楽しみですね!

日本にいながらフィンランド気分を味わえる

フィンランドは今年、国連機関のSDSNの調査「2018世界幸福度レポート」の中で1位に輝きました。
自然を愛し、友人や家族との時間を大切にするフィンランド。
メッツァでもいたるところにベンチが置かれるなど、自然の中でゆっくり時間を楽しむ工夫がされています。

まさに映画「かもめ食堂」の雰囲気(笑)。

私はこの雰囲気に惹かれてフィンランドに実際に足を運んだのですが、全く同じ雰囲気と時間がメッツァビレッジにも流れていました。

ムーミンバレーパークのオープン前でも十分楽しめるメッツァビレッジ。
子連れでどこかに行くなると、つい乗り物や派手なアトラクションがあるところを選びがちですが、次のお休みはメッツァビレッジでのんびりフィンランド気分を味わってみてはいかがでしょうか。

2 Comments

Kiersten

Its like you read my mind! You seem to understand a
lot about this, such as you wrote the e book in it or something.
I feel that you could do with a few % to force the
message home a little bit, however other than that,
that is fantastic blog. A fantastic read. I’ll definitely be back.
I have been browsing online greater than 3 hours nowadays, yet I by no means found any fascinating article like yours.
It is lovely price enough for me. In my view, if all website owners and bloggers made
excellent content material as you did, the web will probably be much more useful than ever before.
There is certainly a lot to learn about this issue.
I love all the points you made. http://foxnews.org

返信する
管理人

Thank you for your message.
I was glad to see it.
This blog is written based on my experience.
I hope you will be helpful even for a while.
Please come back any time!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です